幼子怪物を黙らせるためにはどうするか?

今日は乳児が傍らを連れて帰ってきた。
え?オヤツ何にもないよ…
お腹減った?喉乾いた?とまあ騒ぐ騒ぐ(汗)
小学生の2年生父親…
時間だと途端に闘いゴッコがはじまる。
ドタバタとフロアー抜けない?安全?というくらいに。
仕方がないので戸棚を見るとホットケーキミックスの粉はある冷蔵庫を精査。卵に胸OK!
でもただホットケーキ取るだけより即時黙ってほしい子ども達に何かやらせるか。
「クッキー作らない?」とお誘いすると作り上げるーと元気に二階から降りてきた。
住まいはボロ屋なんで足取り砕けるーと苦笑。
「じゃあこぶしを洗ってきてね試しとくから」と軒並みオヤツが懸かってるとあって率直(笑)
等級の抜き方や織地の伸ばし方をレクチャーした後は勝手にどーぞで自身は暫しコーヒー時間。
真剣に手順してるので穏やかで平和な時間。「出来たよー」コーヒー時間強要終息です。
等級を見るとかなりボロッボロだけど腹に入れば一緒だね。
焼き挙がるまで、まだかなぁとオーブンをのぞき込む子ども達。甘い臭気にまだまだ幼い乳児のスマイル。たまには一緒にオヤツ組立も楽しかったかも。また決めるね。

▲ページトップに戻る